歯ピカクラブ通信2017年│アベ歯科クリニック|名古屋市名東区 一社

 
歯科・小児歯科 名古屋市名東区 地下鉄東山線一社駅より徒歩0分
背景_花

歯ピカクラブ通信

背景_花
背景_花

スタッフが毎月発行しています

背景_花

アベ歯科クリニックでは、毎月お子様のお口の健康のための通信を作成し、配布しています。

詳しくはこちら>> 「歯ピカクラブのご紹介」

2017年版 歯ピカクラブ通信

NEW











1月号「むし歯の原因について」

明けましておめでとうございます
本年もアベ歯科クリニックをよろしくお願い致します

今月のテーマは「むし歯の原因」についてです!!

<むし歯になる原因>
1.細菌(ミュータンス菌)
歯垢(プラーク)となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。その酸が、歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろくし、スカスカにしてしまいます。

2.糖質
食べ物に含まれている糖質(特に砂糖)は、ミュータンス菌が酸を作る材料に使われます。
間食が多い人や、アメやジュースなど甘いものをよく摂る習慣のある人は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、むし歯になりやすくなります。

3.歯の質
歯が作られる時の環境の違いなどで個人差がありますが、エナメル質や象牙質の状況(=歯の質)によって、むし歯になりやすい人もいます。特に乳歯や永久歯が生えたばかりの子どもは注意が必要です。

<生えたての歯はむし歯になりやすい>
生えたばかりの歯の表面(エナメル質)はとても弱いのです。
生えてから何年もかけてリンやカルシウムを取り入れながら エナメル質を強固にしていきます。

<お口の中の環境を整えることが大切>
乳歯のうちからむし歯予防は大切です。
むし歯になった乳歯を放っておくと、むし歯菌が増え続け永久歯が生える頃には
むし歯になりやすい環境が出来てしまいます。
また、むし歯が進行して早めに乳歯が抜けてしまうと、
永久歯の生え方にも影響してきてしまい、歯並びが悪くなりやすいです。
こうなってしまうと、しっかり歯磨きをしていても
プラークがたまりやすくむし歯になりやすい環境が続いてしまいます。

ホームご案内ドクター紹介スタッフ紹介料金のご案内
診療のご案内歯を失わないために安心できる診察
楽しいイベント歯ピカクラブ通信サイトマップアクセスのご案内
リンク
ページの先頭へ
アベ歯科クリニック便り - 2016年版│医療法人愛健会 アベ歯科クリニック|名古屋市名東区 一社 歯科 キッズルーム完備

アベ歯科☆NEWS

アベ歯科☆NEWS

月に数回アベ歯科より、お知らせを更新します。

アベ歯科☆NEWS

【以前のブログ】

2011.4.11〜2013.8.23

症例報告コーナー

症例報告コーナー

症例紹介と患者様からの声
コーナーです。

症例紹介と
患者様からの声

院内ツアー

院内ツアー

アベ歯科ってどんなところ?気になる方はクリック!!

院内ツアー

医療法人愛健会 分院

HOME  >  歯ピカクラブ通信

 

Copyright (c) 2006 - Abe-Dental Clinic. All rights reserved.

花
 
  FLASH PLAYER サイトをご覧になるには最新のFLASH PLAYERが必要です。
左のアイコンをクリックするとダウンロードが出来ます。
医療法人 愛健会 アベ歯科クリニック
[歯科・小児歯科]

〒465-0093 愛知県名古屋市名東区一社2-88
一社マサキビル2F
地下鉄「一社駅」前
フリーダイヤル/0120-875-188
TEL/052-702-5188